白髪染めとカラーリングの違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で手軽に使える「白髪染め」と「カラーリング」ですが、同じものだと思っている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、白髪染めとカラーリングの違いについてお話しましょう。


まずは「白髪染め」です。白髪染めは名前の通り、白髪を染めるために作られているものです。カラーリングで白髪が染まるように思うかもしれませんが、白髪染めは白髪が染まりやすいように成分配合されています。

もちろん、白髪染めを使えば黒髪も一緒に染まるように出来ているので、白髪がある方は白髪染めを使った方が均一に、キレイに白髪を染めることが出来ます。


次に「カラーリング」です。カラーリングはブリーチをした髪の毛を染めるものになります。一旦黒髪をブリーチし、別のカラーを入れる方法というものになります。白髪以外の髪の毛を脱色することになるので、白髪が多い方がカラーリングを使ってしまうと、白髪だけが染まらずに余計に目立ってしまいます。

あまり目立たない、数本しか白髪がないというのであれば、カラーリングでも良いと思いますが、明らかに白髪の多い髪には、カラーリングは向きません。


このように、同じようなものに思えても、使う人の白髪の状態でどちらのほうが良いのかが違ってきます。区別しにくいと言う方は、「白髪が染まる=白髪染め」「白髪が染まらない=カラーリング」と覚えても良いでしょう。