白髪染めを始める前にはパッチテストをしましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

「パッチテスト」ってご存知ですか?トラブルを防ぐためにも、白髪染めを行う前にパッチテストを行うことは大切です。と言うのも、人によっては白髪染めで頭皮が荒れてしまうなどのトラブルが起きる場合があります。

パッチテストをすることで、アレルギーが起きるか起きないかを確認することが出来ます。「毎回同じ白髪染めを使っているから、パッチテストをする必要はない」と言う人もいらっしゃいますが、体調などによってはアレルギーの症状が出る場合もありますので、「面倒だな・・・」と思うこともあるかもしれませんが、必ずパッチテストを行ってください。


さて、そのパッチテストですが、どうやったらよいのでしょうか?

白髪染めの箱や説明書にも書いてありますが、パッチテストに使うテスト剤は白髪染めの種類によって違いますので、必ず容量を守ってください。出来上がったテスト剤を、二の腕の内側など皮膚が薄いところに、めん棒などを使って薄く塗ります。塗るときは広範囲でなくてOKです。


テスト剤を塗ったら、時間を見ながら定期的にテスト剤を塗った部分をチェックしてください。このとき、皮膚が赤くなっていたり、痒いようであれば、すぐにパッチテストをやめてテスト剤を洗い流してください。症状が酷くなったり治まらない場合は、皮膚科に行きましょう。48時間経っても特に何もなければ、その白髪染めを使っても大丈夫です。

パッチテストは48時間おかないとダメなので、白髪をすぐに染めたい、と思っている方にはちょっと時間がかかってしまいますが、パッチテストを行わずにアレルギー症状が出てしまうと大変です。面倒と感じるかもしれませんが、パッチテストをキチンと行いましょう。