白髪染め後のドライヤーの使い方にはポイントがあります

このエントリーをはてなブックマークに追加

塗れた髪をドライヤーを使って乾かしている人も多いと思います。自然乾燥のほうが、ドライヤーの熱から髪を守れるような気がする方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。髪が塗れたままの状態で放置しておくと、ドライヤーを使うよりも髪の毛が痛んでしまうので、出来るだけドライヤーを使って乾かして欲しいのですが、白髪染めを使った後の髪の毛にドライヤーを使う場合、ポイントがいくつかあります。

そのポイントを抑えることで、髪に与えるダメージを最小限に抑えることが出来ます。

まず、白髪染めを使った髪の毛と言うのは、外からの刺激にとても弱くなっています。特に白髪染めは強い成分を使っているものが多いので、白髪染めを使った後のドライヤーの使い方には注意が必要です。塗れた髪を早く乾かしたいからといって、「強」でドライヤーを使ってはいけません。

白髪染め後のドライヤーは、「弱」に設定し、髪から15cm以上離して使います。またこの時、同じ場所に続けて当てないように、こまめに場所を変えてドライヤーを使いましょう。髪の毛を完全に全部乾かすようにするのではなく、8割ほど乾いたところでドライヤーは終了です。

このポイントを抑えることで、髪へのダメージもある程度防げます。使うときのドライヤーですが、「マイナスイオンドライヤー」がおすすめです。もしも今使っているドライヤーがマイナスイオンドライヤー出なければ、思い切って買い換えてみると言うのも良いですよ。