自分で白髪染めを使うときのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

市販の白髪染めを使って、自分で白髪を染めていると言う方も多いでしょう。美容院に行くのには時間やお金もかかってしまいます。自分で手軽に出来るので、これからは自分で白髪染めをしてみようかな?という人もいらっしゃると思います。

そこで今回は、自分で白髪染めを使うときのコツについてお話しましょう。

まず、白髪染めの種類にも色々とあるので、自分の希望に合ったものを選ぶようにします。基本的に、説明書通りにすれば問題ないのですが、髪の毛の長い方は、面倒でもキチンと「ブロッキング」をしましょう。また、髪の毛が多かったり長かったりすると、1箱では白髪染め液が足りない場合もあるので、必要であれば2箱用意するのも良いでしょう。


さて、実際に白髪染めを使うときのコツですが、「根元から塗る」と言うことです。カラーリングなどの場合は、根元の方が染まりやすいので、根元は一番最後になりますが、白髪染めの場合は、白くなった根元を黒く染めたいので、根元から塗るようにしてください。この時に気をつけたいのが、根元にたっぷりと白髪染めを塗りすぎてしまうと、お肌がヒリヒリしてしまったり、液が足りなくなってしまうことがあります。

白髪染めを使う前にパッチテストをしていれば頭皮がヒリヒリすることはないと思いますが、万が一頭皮に刺激を感じた場合は、すぐに洗い流して、使用を中止しましょう。